CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 4月22日 | main | 5月22日 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
5月12日
 私は離婚経験者です。いまから12〜13年ほど前に別れました。
大変悩んだ末、結論を出したわけです。子供が二人(両方、男の子)おりましたが、別れた妻が養育しております。私は子供好きでしたので二人の子は母より私になついていたようです。私としか風呂に入らないので3日〜4日と出張が続くと子供が風呂に入らない日が続くということになってしまいます。
 離婚して辛いのは子供がいないということで、それを癒すのに現在カメが8匹とネズミのようなもの1匹飼っております。買って来たのは私ですが、世話をしているのはパートナー(10年ぐらい前から一緒に生活をしていますが結婚はしていません。)がやっています。私はもっぱら鍛える(いじめる?)方です。パートナー(谷屋留美といいます)は食事だの入浴だの散歩、ウンコの始末など大変そうです。カメは何年も生きますので最後はなんらかのお礼がパートナーにあるかもしれないと楽しみにしています。(竜宮城……)。
 その時は私にもおこぼれがいただけるとありがたいのだけれど。

| ためいき | 18:10 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 18:10 | - | - |
コメント
大きな亀ですね。えさは、何をやっているのですか。私も小学生の頃、山奥の家で針金でつないだ亀を飼っていました。台風で何回も流されましたが、それでも沢に探しに行くと必ず見つかりました。その家は、今はゴルフ場になってなくなってしまいました。昔の屋敷のところが、クラブハウスになっています。
大附みかん(都幾川村)で有名?なところです。数年前までは、オウムが集団疎開してきて、大騒ぎのあったところです。亀には、ミミズをやっていましたが、なにやら自分で餌を探していたようです。庭のヒバの木につないだ針金を切ってよく逃げましたが、亀とは、どのようにして分かれたのかまったく覚えていません。
やま懐の自然の中で、のんびり過ごした少年時代がふと懐かしく思いだされました。
| 浅見 | 2004/05/18 1:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://fujimoto.jugem.cc/trackback/9
トラックバック